>

それがあるだけで、一味違った仕事になるかも

はれる、はがせる、万能アイテム

実は何にも使える万能アイテムが、この付箋です。
例えばメモ帳やノートの追加分としての使い方。
小さな付箋はポケットにぴったり収まるでしょうし、ノートのスペースが足りなくなったときは、後から内容を追加することができます。

アイデア勝負のお仕事なら、付箋にキーワードを書くことで、整理しながら考えをまとめることができます。
会議や企画をまとめあげる頭の中の整理にも活用できます。
スケジュールや業務の管理など、変更の生じやすい予定管理にも付箋はぴったりです。
一々書き写さなくても項目を移動させることができます。
見出しやラベル、しおりなど、目印代わりにするのも付箋の一つの使い方です。
色やデザインで分類すれば、一目でページを見分けられてとても便利です。
ちょっとした伝言や自分への覚書にも使えます。
書類やパソコンの画面にペタッと貼り付けましょう。

発想は自由自在!
是非活用してみてください!

収納だけじゃない、見た目も大事な名刺入れ

意外と忘れられがちなアイテムではないでしょうか?
もちろん収納としての機能もありますが、実はとても人の目につきやすいアイテムでもあるんです。
会議中に机の上に置きっ放しになっていれば、多くの人の目にとまります。
初対面の人が見る最初の所持品でもあります。

素材やデザインで、使い勝手や印象は様々に変化します。
例えば革製品であれば長く使うことができますが、ブランドのロゴが目立つようなものだと、生意気に見られてしまうことがあります。
スチール製は丈夫でスタイリッシュなデザインですが、実は名刺が折れ曲りやすいなどの難点もあります。
赤や黄色などの派手な色はカバンの中で見つけやすく、すぐ取り出せますが、真面目な場には不適切になることがあります。

うまく使えば仕事の効率化につながる一方、選択を間違えれば悪印象を与えてしまう。
慎重な選択は必要ですが、仕事の効率化には確実に貢献してくれるのではないでしょうか。


この記事をシェアする